アロッタファジャイナでは
「4人の現役映画監督による実践的ワークショップ」というワークショップを
2005年の第1回以来、これまでに7回行ってきました。

これは、4日間、日替わりで、4人の映画監督にオーディション型のワークショップを開いてもらうというものです。

ここでは、参加した俳優たちは、毎日変わる監督たちの要求や課題に対応するため、4日間気の休まらない毎日を送ることになるわけです。
そもそもそのような形式のワークショップをしようと思ったのは、
結局、オーディションで重要となってくるのは、短い時間でいかに自分をアピールするかという「瞬発力」だという考えからでした。

とくに無名の役者は、監督がたに芝居を見てもらえる機会は、わずかしかありません。
その「わずかな時間」に全てを出さないといけません。
そういう意味で「瞬発力」が大事だと考えての、「「4人の現役映画監督による実践的ワークショップ」でした。

結果、参加者の何人もが、監督方の作品に出演を決めてきました。
ちゃんと役付きです。
よくあるワークショップのようにうちのワークショップはエキストラ出演でごまかすことはありません。

そのように充実してきた当ワークショップですが、
前回、「赤目四十八瀧心中未遂」の荒戸源次郎監督からの提案で、
荒戸監督おひとりによる4日間参加者少人数のワークショップを「実験的」に行いました。
荒戸監督の、「瞬発力」よりも、より深く「俳優の魅力」を知りたいとのお考えからでした。

結果、これが、参加者にとり、また監督ご自身にとっても、非常に有意義なワークショップとなりました、
ここでの出会いは少なからず荒戸監督の次回作に影響を与えるものとなるはずです。

さて、その話を、映画「さんかく」などの吉田恵輔監督にお話ししたところ、
新作のキャスティングも控えていることだし吉田恵輔監督も是非やってみたいとのこと。

そこで、やります。

またまたディープなディープなワークショップ。
なにより吉田監督の映画がディープですし、さらには監督ご自身がディープですから、
ものすごく濃いワークショップとなるのは請け合いです。

吉田恵輔監督の作品の一部になりたい方、ぜひご参加ください。
確実に言えるのは、今回申し込まないと絶対「損」だということです。

(ワークショップ主宰 松枝佳紀(アロッタファジャイナ))

4人の現役映画監督による実践的ワークショップ 第1回から第7回目までの実績
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回  荒戸源次郎監督による実践的ワークショップ

講師プロフィール

吉田恵輔監督 (Yoshida Keisuke)
吉田恵輔監督
1975年生まれ。埼玉県出身。東京ビジュアルアーツ卒業。在学中から自主映画を制作、塚本晋也の作品制作に参加。照明を担当する。
人間の根源的な欲望や性に目をそらさずに描き切る作風には定評がある。新作撮影予定も目白押しの期待の若手監督である。
2006年「なま夏」(主演:蒼井そら)
   ・・・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭においてファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門グランプリ獲得
2006年「机のなかみ」(主演:あべこうじ、鈴木美生)
2008年「純喫茶磯辺」(主演:宮迫博之、仲里依紗、麻生久美子)
2010年「さんかく」(主演:高岡蒼甫, 小野恵令奈, 田畑智子)
2010年「檸檬」(主演:佐藤隆太)


吉田恵輔監督インタビュー

(松枝)今回どのようなワークショップにしたいですか?

(吉田)基本的には、私が用意したシナリオをメインに進行していきたいと思います。
     私の作品では、出来る限りリアルな芝居を求めるます。
     そこでリアルな芝居とは何かをみなさんと追求していければと考えております。
     とは言え、私はコメディー作品が中心なので、リアルの中にコミカルな表現を求めます。
     リアルとコミカル。融合するにはとても難しい課題ではありますが、やりがいのある内容だと思います。

(松枝)今回どのような俳優/女優に参加して欲しい人ですか?

(吉田)現在、準備中の作品があるので、即戦力となる人材を求めています。
     芝居の技術や経験値も大切ですが、最も大切なのは、その作品と役者さんのフィーリングだと思うので、
     芝居が初めての方でも面白い素材だと感じれば私は構いません。
     遠慮なくぶつけてほしいです。まずは飛び込んでほしいです。
     そして出会いから生まれる何かを見つけて行きましょう。

(松枝)吉田監督にとって映画とは何ですか?またその中にあって俳優/女優とはどのような存在だと思われますか?

(吉田)映画とは何なんでしょうね。難しい質問です。
     個人的には映画とは生きた証なんじゃないかなと思ったりします。
     その国の、その時代の、そこに生きる人々。そんな世界の語り部みたいなものでしょうか? 
     そんな語り部となるのが俳優や女優さんの仕事なのではないでしょうか? 

ワークショップ概要

【日程】 2012年8月30日(木)〜9月2日 (日) 計4日間
4日間通して受講していただきます。
4日間、吉田恵輔監督による演技指導を受けていただきます。

【クラス】
昼クラス 13:00−16:30
夜クラス 17:30−21:00

【募集対象】
吉田恵輔監督の映像作品に出演したいと思っている方。
映画俳優となるチャンスをつかみたいと真剣に思っている男女。
年齢・経験・事務所への所属・無所属は問いません。

【募集人数】 昼、夜、各クラス25名程度

【募集期間】 定員に達し次第募集を打ち切ります。

【会場】  東京都中野区(最寄駅:JR中野駅 徒歩 約5分)

お申し込み方法・ご参加の流れ

【1】まずはメールにてエントリーして下さい。
ワークショップ事務局workshop.for.actor@gmail.comまで次の内容をお書きの上メールください。

(1)WS参加希望者名(ふりがな)(芸名でも本名でもかまいません) 
(2)生年月日 
(3)性別 
(4)連絡先電話番号 
(5)所属事務所・劇団名 
(6)特技・資格 
(7)出演した代表作(3つまで) 
(8)参加希望クラス(1.昼クラス希望、2.夜クラス希望、3.参加できればどちらでもよい) 

以上のことをメール本文にお書きの上、本人と分かる写真を1枚添付 
メールのタイトルを「WS参加希望」として、ワークショップ事務局までメールをください。

【2】事務局からエントリー受領確認およびご入金案内メールをお送りします。

【3】ご入金をいただいた方から 「正式エントリー」といたします。 

【4】ワークショップ内容に合わせて必要であれば事前にテキストなどを郵送いたします。 

お問い合わせ

アロッタファジャイナ
E-mail workshop.for.actor@gmail.com