第5回4人の現役映画監督による実践的ワークショップ
映画俳優 / 女優としての自分に「確実」に近づくワークショップ

■あなたに足りないのは演技力じゃない。チャンスが足りないのです。

 「有名監督による指導」「キャスティングをにらんだオーディション」

 この画期的なワークショップの第5弾を開催します。

 講師はもちろん驚きの現役ヒットメーカー。

 本ワークショップの特徴

(1)講師陣が、現役の有名監督ばかりであるということ

(2)4日間、短期集中日替わりで4人もの監督に指導を受けられる ということ

(3)映画俳優になるための実践的なものであるということ

です。

■昨年8月に行 われた第4回ワークショップでも早速14名が出演を獲得 しています。

 ちなみに、ワークショップで呼ばれる「出演」なんてエキストラなんだ ろ…

 なんて 思っているあなた、あなどってはいけません。

 14名はエキストラどころか、その中にはヒロインを獲得した女優さんも いるのです。

 もちろん、その前提として、このWSにはレベルの高い役者が集まると言 うことがあるわけですが。

■ワークショップ4日間は毎日違う映画の オーディションを集中して受けているようなもの。

4人の監督は日替わりで来られます。

 エチュード、本読み、台本を基にしたショートドラマ作りなど

 それぞれの監督が、それぞれの方法で役者の力を見ます。

映画俳優を目指すなら

 このチャンスを逃がす手 はありません。

定員になり次第締め切らせていただきますので、ご応募お急ぎください!!

 (いつも、定員をオーバーする申し込みがあり、最終的には何人かお断りしています)

4workshopをフォローしましょう
 
(2010年8月、第4回WSの様子)
↓ 
 

 
特徴(1)講師陣は現役ヒットメーカー!
第5回ワークショップの講師は次の4人にお願いしました。

荒戸源次郎 監督 (Genjirou Arato)

最新監督作品、生田斗真主演「人間失格」の大ヒットは記憶に新しい。
また「赤目四十八瀧心中未遂」など、役者から本物の演技を引き出す手腕には定評がある。
鈴木清順監督や阪本順治監督作品をプロデュースするなど、監督と言う枠におさまらない活動をしている。
本格時代劇など今後撮影に入る数作品を抱える

wikipedia 「荒戸源次郎」

平山秀幸 監督 (Hideyuki Hirayama)

最新作は竹之内豊主演の「太平洋の奇蹟」。また藤沢周平原作の「必死剣 鳥刺 し」など良質な作品をコンスタントに作成。
また、「愛を乞うひと」ではモントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞や日本アカデミー賞最優秀監督賞など69の映画賞を受賞し、アカデミー賞においても 外国映画賞日本代表映画として選ばれるなど、日本内外から評価される監督でもある。

wikipedia 「平山秀幸」

金子修介 監督 (Shusuke Kaneko)

「デスノート」「デスノートthe Last name」や傑作と名高い「平成ガメラ三部作」など手掛ける。
エンターテイメント作品を監督させれば右に出るもののいないベテラン監督。
昨年は、成宮寛貴、内田有紀主演「ばかもの」で、人間ドラマの新境地もひらいた。
また、前回ワークショップ参加者をヒロインにすえた映画「ポールダンシングボーイズ☆ず」の公開初日5/28をこのWS中にむかえる。
本年中にも2本の映画の撮影を抱えており、ふたたび、このWS参加者からの抜擢が期待される。

wikipedia 「金子修介」

榊 英雄 監督 (Hideo Sakaki)

北村 龍平監督「VERSUS-ヴァーサス-」の敵役など個性派俳優としても有名。
俳優として活動しながら、自ら志願して助監督に。
現場経験を踏み、映画監督としても活躍する異色監督。
「ぼくのおばあちゃん」や「誘拐ラプソディー」など話題に事欠かない作品を次々と作りだしている。

wikipedia 「榊英雄」



■第1回から第4回目までの実績

  第1回      第2回     第3回     第4回

特徴(2)4日間、日替わりで4人もの監督に指導を受けられる!

世の中に、俳優向けのワークショップやスクールなるものは沢山あります。
しかし、多くが、無名の映画監督によるものであったり
また、一年以上の長い受講期間を経なければならなかったり
あるいは、講師が一人しかいなかったり…などなどです。

本ワークショップは4日間と言う期間限定で
いずれも名のある監督たちに直接見てもらえるというのが特徴です。

映画監督が4人もそろえば、それぞれの哲学・見方は違って当然。
その中にはきっと自分にあった考え方をもたれている監督が見つかるはず。
合わない監督と一年間付き合う可能性のあるスクールに申し込むよりも
短期集中、沢山の監督に出会える本ワークショップは
自分に合った監督に出会える確率がぐんと高いはず。
もしかすると生涯の師と呼べる監督に出会えるかもしれません。

たった4日間、4人ものヒットメーカーに知り合う事が出来る。

これお徳です。

特徴(3)映画俳優になるための実践的なものであるということ

たとえ監督たちと知り合えても
映画俳優として使ってもらえなければ意味がありません。
本ワークショップの講師たちは
現役バリバリのヒットメーカーばかり。
次から次への作品を抱えています。
第1回目のワークショップでは
これから撮影する作品のシナリオをつかって
実際にオーディションをされた監督もいたぐらいです。

誰が選ばれ誰が落ちるのか。
これを見ることが出来るのも
本ワークショップのメリットです。

オーディションに受かるにはどうすればいいのか?
何故この人は落ちるのか?
監督はなにを求めているのか?
キャスティングされるにはどうしたらいいのか?

その実際をうかがうことが出来る。
これほど実践的なワークショップはないんじゃないでしょうか。

ワークショップ概要
第6回 4人の現役映画監督による実践的ワークショップ 2011年9月1日から4日に開催!

第5回WSは終了いたしました。

【日程】  
2011年05月26日(木)〜05月29日 (日)  計4日間

※4日間通して受講していただきます。
※監督は日替わりです。
※どの監督がどの日を担当するかは受講者のみにお知らせします。
※全部の日程受講できない場合はご相談ください。
※ただし全日程受講が前提となっています。

【クラス】

昼クラス (4日間とも)13:00−16:00

夜クラス (4日間とも)18:00−21:00


【募集対象】  映画俳優となるチャンスをつかみたいと真剣に思っている男女。
年齢・経験・事務所への所属・無所属は問いません。

【募集人数】  昼、夜、各クラス40名以内

【募集期間】  定員に達し次第募集を打ち切ります。

【会場】  東京都中野区某所(最寄駅:JR中野駅)

 お申込み方法・参加の段取り
第5回WSは終了いたしました。
たくさんのご参加まことにありがとうございました。

第6回 4人の現役映画監督による実践的ワークショップ 2011年9月1日から4日に開催!

詳細はこちらから >>


 お問い合わせ
ア ロッタファジャイナ

Fax  03-3393-2992
E-mail 
workshop.for.actor@gmail.com