富岡忠文監督による俳優のための実践的ワークショップ


2005年5月から始まった当ワークショップも、ついに「11年目」に突入します。
主催する側としても、この10年の間に、気付くことが沢山ありました。
何よりも、たくさんの俳優/女優たちと出会い、この日本には、「まだ世に知られていない魅力ある俳優/女優」が沢山いるんだなということを知りました。
しかし、そういう「魅力ある俳優/女優たち」でも、映画出演に関してはチャンスが少なく、みんなが「大きな困難」を抱えていることもわかってきました。
なにより日本人はリスクを嫌います。
だから、確証の持てない「無名の俳優/女優」を使うぐらいなら、「すでに売れていて定評のある俳優/女優」を使おうという判断になりがちです。
結果として、特定の「有名俳優/女優」に出演依頼が殺到する一方、「無名の俳優/女優たち」はチャンスの糸口すらつかめないという「俳優/女優の二極化」が現在進行しているように感じます。
そんな中、「無名の俳優/女優たち」は抜け道を探して、たとえば、僕がやっているような映画監督を講師に迎える演技ワークショップに足を運んできています。
実際、その判断は間違って無いと思っています。実力のある何人かは、ワークショップでの出会いを足掛かりに、映画俳優/女優として活躍するきっかけをつかむことができているからです。
とはいうものの、ワークショップが、本来、活躍すべき無名の俳優/女優たちをすべて世に出すほどのパワーがあるわけではありません。0を1にする力はありますが、0を10や100にするのはなかなか難しい。
しかし僕はそれをやりたいと思っています。
なぜならば、「革命」的に変えることだけが、魅力ありながらもチャンスに恵まれない俳優/女優たちに光を当てることになる・・・だけでなく、そのような「新しい俳優/女優たち」が次々と誕生することによって、日本映画界が刺激され、日本の映画が活性化することにつながる・・・と信じるからです。
そのようなヴィジョンのもと、2016年6月より新たにワークショップを組織したいと考えています。
一番の目的は、「新しい」映画俳優/女優を見出し、ちゃんと世に送り出すことです。
それをこれまで以上に意識してやっていきたいと思っています。
その手始めに、2016年5月2日、3日、4日、5日の4日間、富岡忠文監督による俳優のためのワークショップを行おうと考えています。
富岡さんは、上に書いたような当ワークショップのヴィジョンに賛同してくださっており、
そのうえで、今年中に撮影を予定している劇場公開一般映画のヒロインほかキャストをワークショップ参加者の中から決めたいと言っていただいています(もちろん良い人がいればの話です)。
また、その後も制作予定の文芸作品のキャスティングなどもあり、考慮することのできる俳優/女優たちと出会うことができればうれしいとも言っていただいています。
富岡さんは、かつて当時中学を卒業したばかりのまったくの新人である瀬戸朝香さんを女優として開花させた人でもあります。
まさに今僕らが、胸を借りるべき映画監督ではないかと思っています。
ぜひ、この機会に、参加をお勧めします。
(アロッタ・ワークショップ主宰:松枝佳紀)

講師プロフィール

富岡 忠文(Tomioka Tadafumi)

富岡忠文監督
1957年生まれ。鹿児島県奄美大島出身。廣木隆一監督の助監督などを経て、1988年「シャボン玉伝説」で監督デビュー。同作でニューズームアップ映画祭新人監督賞を受賞。1992年「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」を監督。同作で中学を卒業し上京してきて間もない新人の瀬戸朝香をヒロインに抜擢し、キネマ旬報新人女優賞を取らせる。また同作で自身も日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞、ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞する。その後もテレビドラマや舞台演出などを行い、「セカンドチャンス」(1999)、「黄昏流星群~星のレストラン」(2002)、「ねじりん棒」(2004)、「童心」(2006)などの映画作品を監督。俳優としても経歴が長く数々の作品に出演している。現在、2016年内に監督予定の劇場公開一般映画作品があり、この作品へのキャスティングを行っている最中である。またCSで撮影予定の文芸作品も控えている。

ワークショップ概要

【日 程】2016年5月2日(月)、3日(火)、4日(水)、5日(木)の4日間連続

【クラス】昼クラス13:00-16:00、 夜クラス18:00-21:00

【定 員】各クラス30名程度

【場 所】都内

【参加費】30,000円

【締 切】人数が集まり次第締め切ります。

エントリー方法

【1】まずはメールにてエントリーして下さい。
 
 ワークショップ事務局workshop.for.actor@gmail.comまで
 次の内容をお書きの上メールください。
(1)参加希望者名(ふりがな)
(2)生年月日
(3)性別
(4)連絡先電話番号
(5)所属事務所名 (担当者名、連絡先)
(6)身長・体重・出身地
(7)特技・資格
(8)代表的な出演作品名(5つまで)
(9)参加希望クラス(昼クラス、夜クラス、どちらでも構わない)
 以上のことをメール本文にお書きの上、
 本人と分かる「最近」の写真を1枚jpgファイルにて添付し
 メールのタイトルを「WS参加希望」として、
 事務局workshop.for.actor@gmail.comまでメールをください。

【2】審査後、参加の可否をメールさせていただきます。

お問合せ

アロッタファジャイナ
E-mail workshop.for.actor@gmail.com