山岡大祐監督による俳優のための実践的ワークショップ


(山岡監督のワークショップは募集終了しています。)

フィラデルフィア国際レズビアン&ゲイ映画祭正式招待(2004)
ドイツ・ドレスデン国際映画祭正式招待(2007)
イギリス・レインダンス映画祭正式招待(2007)
カナダ・トロント新世代映画祭正式招待(2011)
ドイツ・フランクフルト・ニッポンコネクション正式招待(2012)
FOXムービープレミアム短編映画祭最優秀作品賞受賞(2013)
など、短編映画を中心に国際的に活躍されてきた山岡大祐監督が、
2016年長編映画「キミだけが僕のアイドル~セブンカラーズ~(仮)」の撮影を予定しています。
これに付随しまして、
作品世界にふさわしい俳優女優と出会うために、ワークショップを行いたいと思います。
希望の方は奮ってご応募ください。
締め切りは2月14日です。
(アロッタ・ワークショップ主宰:松枝佳紀)

(参考1)山岡大祐監督撮影予定作品「キミだけが僕のアイドル(仮)」あらすじ
地方の新製品発売キャンペーンのための期間限定アイドルとして結成された「セブンカラーズ」。メンバーはかつてアイドルになり損ねた現役保母さんのミサキ、農協の事務員のユイ、深窓の令嬢のレーレ。アイドルらしいのは女子高生のマユシだけだった。そんなアイドル失格に近い彼女たちが、左遷されたサラリーマン、仕事を失ったIT社長、引退したカメラマン、引きこもりの肥満青年など、無数のファンたちの応援を得て、本物のアイドルとして成長していく姿を描く。現代的なファンとローカルアイドルたちの姿を描いた群像劇。

(参考2)山岡大祐監督の最近作「島村ユキは田中ケンジを忘れない」

講師プロフィール

山岡 大祐(Yamaoka Daisuke)

山岡大祐監督
1975年生。静岡県出身。学生時代より自主製作で映画作りを始め、 数多くのコンクールで受賞、入選を果たす。2007年に製作した『ロストガール』は、ドイツ・ドレスデン国際映画祭、英・レインダンス映画祭等に正式招待され、国内でも渋谷ユーロスペース他にて劇場公開、好評を得る。企画・脚本『朝日ヶ丘の素晴らしき人々』(共同脚本:江藤 有吾)では2010年サンダンス・NHK国際映像作家賞グランプリを受賞。2012年、短篇『妹の足』がゆうばり国際ファンタスティック国際映画祭オフシアター・コンペティション部門にノミネート。また7月にカナダ・トロントで行われる新世代映画祭に招待。同じく短篇『タカノの匂い』は5月にドイツ・フランクフルトで行われるニッポンコネクションに招待。11月にはオムニバス「全力映画」の一編として『ボーイ・ミーツ・ガール』を吉祥寺バウスシアターにてレイトショー公開。単館レイトショー2週間の興行で 1,000 人を超える動員を達成。劇場新記録を樹立する。2013年、短篇『いいね!』が FOX ムービープレミアム短編映画祭にて最優秀作品賞(グランプリ)を受賞。2014年、短篇『島村ユキは田中ケンジを忘れない』を「攻殻機動隊ARISE border:less project」の一編として監督。

ワークショップ概要

【日 程】2016年2月25日(木)、26日(金)、27日(土)、28日(日)

【クラス】昼クラス14:00-17:00、 夜クラス18:00-21:00
    ※現在「昼クラス」は応募多数により締め切っています。

【定 員】各クラス30名程度

【締 切】申し込み締め切りは2016年2月14日です。

【場 所】都内

エントリー方法

【1】まずはメールにてエントリーして下さい。
 
 ワークショップ事務局workshop.for.actor@gmail.comまで
 次の内容をお書きの上メールください。
(1)参加希望者名(ふりがな)
(2)生年月日
(3)性別
(4)連絡先電話番号
(5)所属事務所名 (担当者名、連絡先)
(6)身長・体重・出身地
(7)特技・資格
(8)代表的な出演作品名(5つまで)
(9)参加希望の日にちとクラスを教えてください。
   25日(14時クラス、18時クラス)
   26日(14時クラス、18時クラス)
   27日(14時クラス、18時クラス)
   28日(14時クラス、18時クラス)
(10)次の配役の中から自分に合っていると思われる役をひとつ教えてください。(年齢はそのように見えればよいです)
   ミサキ・・・ヒロイン。20代前半女子、無理する体質。ストレスを幼馴染にぶつける。
   マユシ・・・女子高生、情熱的にアイドルになることに憧れている。
   ユ イ・・・20代中盤から後半女子、地味、農協の事務職員。
   レーレ・・・20代中盤から後半女子、お嬢様。
   タクジ・・・20代前半男子、ミサキの幼馴染、ミサキに虐げられている。しかしミサキに惚れており尽くす。
   田 尾・・・30代後半から40代男子、切れ者の新聞記者。
   ミサキの母・40代以上の女性、ミサキがあきらめようとしている夢を応援している。
 以上のことをメール本文にお書きの上、
 本人と分かる最近の写真を1枚jpgファイルにて添付し
 メールのタイトルを「WS参加希望」として、
 事務局workshop.for.actor@gmail.comまでメールをください。

【2】書類審査後、参加の可否を2/15までにメールさせていただきます。

お問合せ

アロッタファジャイナ
E-mail workshop.for.actor@gmail.com