安藤尋監督による俳優のための実践的ワークショップ


(募集を終了しております。)
2015年10月6日(火曜)、9日(金曜)、10日(土曜)の3日間。
安藤尋監督を講師にお迎えして俳優のための実践的ワークショップを開催します。

安藤尋監督は、
「海を感じる時」(2014年「映画芸術」ベスト1)、
「blue」(第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞受賞)、
「ココロとカラダ」
「僕は妹に恋をする」など
日常の中に埋まった強いドラマを、
俳優の肉体を契機に繊細に掘り起こす映画監督として定評があります。

今回、次回作の準備などあるお忙しい中
新しい才能と出会う機会にしたいと3日間をいただきました。
世にワークショップはあまたありますが
他のワークショップでは手に入れることのできない濃い時間と経験、
そしてチャンスを手に入れるべく、ぜひ、参加してみてください。

(アロッタファジャイナ主宰 松枝佳紀)

安藤尋監督にその俳優観、演技観などをインタビューをしてきました。
参考にしてください。
 → 安藤尋監督インタビュー(1)
 → 安藤尋監督インタビュー(2)
 → 安藤尋監督インタビュー(3)

講師プロフィール

安藤 尋(Ando Hiroshi)

安藤尋監督
1965年6月13日生まれ、東京都出身。
早稲田大学在学中より映画制作の現場に参加。
助監督を経て、1993年に成人映画でデビュー。
一般映画としては1999年のオリジナル作品『dead BEAT』が劇場公開デビュー作となる。
2003年の魚喃キリコ原作『blue』では、主演の市川実日子が第24回モスクワ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞している。
主な作品は『pierce ピアス LOVE&HATE』(97)、『ココロとカラダ』(04)、オムニバス映画『ZOO』(05)、『僕は妹に恋をする』(07)など。
その他『ケータイ刑事』シリーズや、テレビドラマの演出も多数。
最新作は『海を感じる時』(14年、主演:市川由衣、池松壮亮)。
第44回ロッテルダム国際映画祭スペクトラム部門正式出品、2014年「映画芸術」ベスト1に選ばれる。
また主演の池松壮亮はこの映画で日本プロフェッショナル映画賞主演男優賞を受賞した。

ワークショップ概要

【日程】 2015年10月6日(火)、9日(金)、10日(土)計3日間

【クラス】
 昼クラス 13:30-16:30 、夜クラス 18:00-21:00
 (どちらか希望のクラスに所属してもらいます)

【募集対象】
 安藤尋監督作品に出演を希望する者。
 経験や事務所への所属無所属は問いません。

【募集人数】 昼、夜、各クラス30名程度

【募集期間】 定員に達し次第募集を打ち切ります。

【会場】  都内

お申し込み方法

【1】メールにてエントリーして下さい。
 ワークショップ事務局workshop.for.actor@gmail.comまで
 次の内容をお書きの上メールください。
(1)参加希望者名(ふりがな)(芸名でも本名でもかまいません)
(2)生年月日
(3)性別
(4)連絡先電話番号
(5)所属事務所・劇団名 (担当者名、連絡先)
(6)特技・資格
(7)出演した代表作(3つまで)
(8)参加希望クラス(1.昼クラス希望、2.夜クラス希望、3.参加できればどちらでもよい)
 以上のことをメール本文にお書きの上、
 本人と分かる写真を1枚jpgファイルにて添付し
 メールのタイトルを「WS参加希望」として、ワークショップ事務局workshop.for.actor@gmail.comまでメールをください。

【2】事務局から仮エントリー受付のメールをお送りします。

【3】ご入金確認の取れた方から 「正式エントリー」といたします。

【4】ワークショップ内容に合わせて事前にテキストなどをメールいたします。

お問合せ

アロッタファジャイナ
E-mail workshop.for.actor@gmail.com