第2回4人の現役映画監督による実践的ワークショップ



ワークショップの特徴ワークショップ概要第1回ワークショップの実績参加者のキャスティング実績講師略歴

映画俳優 / 女優としての自分に「確実」に近づくワークショップ
ご好評をいただきました「第1回4人の現役映画監督による実践的ワークショップ」では
講師陣に「DEATH NOTE-デスノート-」の金子修介監督をはじめ
驚きの現役ヒットメーカーがずらりと並びました。

また、「実践的」との言葉にもいつわりなく
ワークショップ参加者の中から数名
「DEATH NOTE-デスノート-」ほかの映画やTVドラマなどに
エキストラではない「役付き」でキャスティングも決まるという実績も残しました。

そんなキャスティングまで決めてしまった驚きのワークショップ。
ついに第2回を行います。

本ワークショップの特徴は
(1)講師陣が、現役の有名監督ばかりであるということ
(2)4日間、短期集中日替わりで4人もの監督に指導を受けられるということ
(3)映画俳優になるための実践的なものであるということ
です。

たった4日間で4人もの
現役監督<ヒットメーカー>たちから言葉を直接もらえるのが特徴です。

ワークショップと言っても
この4日間は毎日違う映画のオーディションを集中して受けているようなもの
というのは大げさですが、そういう気持ちで参加してもらえると良いと思います。
エチュード、本読み、台本を基にしたショートドラマ作りなど
それぞれの監督が、それぞれの方法で役者の力を見ます。

映画俳優を目指すなら
このチャンスを逃がす手はありません。
定員になり次第締め切らせていただきますので、ご応募お急ぎください!!

特徴(1)講師陣は現役ヒットメーカー!
第2回ワークショップの講師は次の4人に御願いいたしました。

伊藤秀裕監督

映画監督のほかプロデューサーとしても名高いヒットメーカー。
映画制作会社「エクセレントフィルム」の社長でもあり、
昨年は映画「NANA」の制作を請け負っている。
http://www.walkerplus.com/hokuriku/latestmovie/report/report4064.html

望月六郎監督

「皆月」で俳優北村一輝をスターダムにのし上げたヒットメーカー。
エロティックな映画、暴力的な映画、青春映画
多彩な作品を次々と作り続ける日本を代表する映画監督の一人。
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/report/report1504.html

石川 均監督

「集団殺人クラブ」で俳優遠藤憲一の怪演を存分に引き出したヒットメーカー。
自身も俳優として望月六郎監督「スキンレスナイト」で主演する。
映画監督だけではなく、脚本、役者、芝居の作・演出など多方面で活躍中。
http://www13.plala.or.jp/intro/Archive/zenba/Reviews/z030.htm

山下敦弘監督

「リンダリンダリンダ」で前田亜季や香椎由宇らを起用したヒットメーカー。
今年30歳。日本映画界の旗手。
http://www.tokyo-source.com/japanese/archives/2005/07/009.html

特徴(2)4日間、日替わりで4人もの監督に指導を受けられる!
世の中に、俳優向けのワークショップやスクールなるものは沢山あります。
しかし、多くが、無名の映画監督によるものであったり
また、一年以上の長い受講期間を経なければならなかったり
あるいは、講師が一人しかいなかったり…などなどです。

本ワークショップは4日間と言う期間限定で
いずれも名のある監督たちに直接見てもらえるというのが特徴です。

映画監督が4人もそろえば、それぞれの哲学・見方は違って当然。
その中にはきっと自分にあった考え方をもたれている監督が見つかるはず。
合わない監督と一年間付き合う可能性のあるスクールに申し込むよりも
短期集中、沢山の監督に出会える本ワークショップは
自分に合った監督に出会える確率がぐんと高いはず。
もしかすると生涯の師と呼べる監督に出会えるかもしれません。

たった4日間、4人ものヒットメーカーに知り合う事が出来る。
これお徳です。
特徴(3)映画俳優になるための実践的なものであるということ
「実践的」これがとても大事です。

たとえ監督たちと知り合えても
映画俳優として使ってもらえなければ意味がありません。
本ワークショップの講師たちは
現役バリバリのヒットメーカーばかり。
次から次への作品を抱えています。
第1回目のワークショップでは
これから撮影する作品のシナリオをつかって
実際にオーディションをされた監督もいたぐらいです。

誰が選ばれ誰が落ちるのか。
これを見ることが出来るのも
本ワークショップのメリットです。

オーディションに受かるにはどうすればいいのか?
何故この人は落ちるのか?
監督はなにを求めているのか?
キャスティングされるにはどうしたらいいのか?

その実際をうかがうことが出来る。
これほど実践的なワークショップはないんじゃないでしょうか。
ワークショップ概要
日程  2006年4月20日(木)〜4月23日(日) 計4日間

クラス
午後クラス (4日間とも)14:00−17:00
      夜間クラス (4日間とも)18:30−21:30
 
*午後クラスは4日間とも午後クラスを受講、夜間クラスは4日間とも夜間クラスとなります。
募集対象  映画俳優となるチャンスをつかみたいと真剣に思っている男女。
年齢・経験・事務所への所属・無所属は問いません。

募集人数  午後、夜間、各クラス30名限定

募集期間  4月15日まで。(定員に達し次第募集を打ち切ります。)

会場  東京都中野区 劇場MOMO稽古場(JR中野駅から徒歩5分)
住所:東京都中野区中野3-22-8

第1回ワークショップの実績
伊藤秀裕監督

教材は伊藤監督が事前に用意。参加者には実際のオーディションと同じく事前に台本が配られていました。
緊張感溢れる雰囲気に、参加者も緊張。途中、檄を飛ばす場面も。
監督の厳しいながらも暖かい言葉も聴け、人生の大先輩としての経験を聞く事が出来ました。
最後には、『エクセレントフィルム社長』としてのキャスティングの面をお約束していただいたり