三浦大輔監督による俳優のための実践的ワークショップ


(開催終了しました)

11月21日(金)から勤労感謝の振り替え休日となる11月24日(月)までの4日間。
三浦大輔監督を講師にお迎えして俳優のためのワークショップを開催します。

三浦監督と言えば、本年3月に公開された衝撃的な映画「愛の渦」の監督です。

上演時間123分のうち
出演者の着衣時間が18分30秒しかないということが
センセーショナルに報じられた映画でしたが、
それにもまして、
人間の愚かさに笑えて泣けて、
必死に生きる人間の姿が切なく胸にせまる素晴らしい映画でした。

そもそも、三浦監督と言えば、
演劇ユニット「ポツドール」の主宰でもあり、演劇を主たる活動の場としておられる方です。
そのドキュメンタリーな作劇と、徹底的にリアルを追求する俳優演出術は、
早くから注目を浴びており、ぼく松枝も、
「ポツドール」は若手劇団の中でもっとも面白い演劇を作る団体と注目していました。
そしてその三浦さんのリアルを追求する志向の先に
「映画」という表現があったのは当然のことのように思います。

三浦監督は、商業映画的には、
2010年に公開となった「ボーイズ・オン・ザ・ラン」で注目され、
そして、岸田戯曲賞を受賞したご自分の戯曲を2014年に映画化したのが「愛の渦」でした。
現在も次回作、次々回作を着々と準備されている期待の監督です。

映画「愛の渦」を見た人なら判ると思いますが、
その映画のオープニングからの30分間の息詰まる緊張感は驚きです。
まるで、観客までもが参加者となったような、
唾を飲むことさえ憚られるような、
その場に居合わせてしまったような恐ろしい緊張感。
そのリアルな「空気」を俳優演技から引き出すことこそが、
三浦監督の演出の真骨頂ではないかと思っています。

三浦監督作品出演に耐えうるリアルな芝居を磨き、
監督の創作意欲を刺激することのできる俳優たちに参加してもらえたらと思っています。
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」をみてピンと来た方、
この貴重な機会にぜひとも参加してみてください。

(アロッタファジャイナ主宰 松枝佳紀)

 ※三浦監督にワークショップ内容についてなどをインタビューしてきました。
  →三浦大輔監督インタビュー(1)

講師プロフィール

三浦大輔(Miura Daisuke)

三浦大輔監督
——
1975年生まれ、北海道出身。脚本家・演出家・映画監督・演劇ユニット「ポツドール」主宰。96年、演劇ユニット「ポツドール」を結成。以降、全本公演の脚本・演出を務める。06年、『愛の渦』(05年初演)で第50回岸田國士戯曲賞を受賞。近年の主な作品に、舞台『ストリッパー物語』(13/つかこうへい作、構成・演出)、アル☆カンパニー『失望のむこうがわ』(14/作・演出)、パルコ・プロデュース『母に欲す』(14/作・演出)、映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/脚本・監督)、『恋の渦』(13/原作・脚本)、『愛の渦』(14/原作・脚本・監督)などがある。

アロッタファジャイナ主催ワークショップ実績

2005年05月、講師:金子修介、望月六郎、宮坂武士、熊切和嘉
2006年04月、講師:伊藤秀裕、望月六郎、石川均、山下敦弘
2006年10月、講師:麻生学、タナダユキ、福岡芳穂、吉田恵輔
2010年08月、講師:荒戸源次郎、金子修介、熊澤尚人、八木毅
2011年05月、講師:荒戸源次郎、平山秀幸、金子修介、榊英雄
2011年09月、講師:金子修介、榊英雄、大森立嗣、吉田恵輔
2012年03月、講師:金子修介、榊英雄、吉田恵輔、三島有紀子
2012年06月、講師:荒戸源次郎
2012年08月、講師:吉田恵輔
2012年10月、講師:金子修介、荒戸源次郎、榊英雄、三島有紀子
2013年01月、講師:荒戸源次郎
2013年06月、講師:金子修介、古厩智之、篠原哲雄、細野辰興
2012年10月、講師:大森立嗣、深作健太、吉田浩太、三島有紀子
2013年09月、講師:荒戸源次郎
2013年12月、講師:吉田恵輔
2014年05月、講師:吉田浩太
2014年07月、講師:大森立嗣
2014年11月、講師:三浦大輔
2014年12月、講師:矢崎仁司

ワークショップ概要

【日程】 2014年11月21日(金)~11月24日(月) 計4日間

【クラス】
 昼クラス 13:30-16:30 、 夜クラス 18:00-21:00
 (どちらか希望のクラスに所属してもらいます)

お問合せ

アロッタファジャイナ
E-mail workshop.for.actor@gmail.com