4日間で4人の監督に出会うかたちのワークショップをうちが始めたのは2005年のことでした。
まいにち日替わりで新しい監督と出会うことができる非常に貴重な4日間というわけです。
こういったカタチのワークショップのメリットは
第一に、多忙な売れっ子監督にも講師をお願いできるということと
第二に、監督と会う機会の少ない若手俳優にとってはなかなか無い機会ということ でした。

しかし、デメリットもあって、それは4日間に4人の監督と会うとなると
1監督あたりの接触時間が3時間や4時間となり、より深い人間対人間の出会いをするのは難しいということでした。

最近、そういう意味で、荒戸源次郎監督や吉田恵輔監督と、実験的に
お1人の監督だけと4日間あるいは5日間、ディープなところまで降りて行くワークショップを何回かやっています。

やってみれば、やはりこれは、やるべきものであることがわかります。
というのは、3日間ダメでも、最後の1日に光る演技をする人などもいて、
監督が「おまえそういうやつなんだ」と発見して作品に使っていただける、
あるいは、使っていただけないまでも、
どのように自分をキャラ付けすれば受け入れられやすくなるかアドバイスいただける
というような場面に出くわすことがあるわけです。
毎日日替わりで監督と会う場合には拾えない人材が拾えることがわかりました。

今回、吉田浩太監督に4日間のディープなワークショップをお願いすることにしました。
「ユリ子のアロマ」「オチキ」「うそつきパラドクス」など
人間の感情の揺れをきちりと深く繊細に描く丁寧な作品が定評の、これからの若手監督です。

ワークショップも、これまで4人の監督ワークショップで2度ほどお願いしています。
これが非常におもしろい。
そのワークショップに参加した人なら判ると思いますが、
作品同様に、その場でも、人間感情を嘘なく丹念に演じて行かねばなりません。
それが出来た時の、空気感は素晴らしい。
俳優が輝く瞬間です。
今回、これを4日間にわたって行い、深い深いところまで降りて行きたい。
そう思って吉田浩太監督に4日間のワークショップをお願いしました。
7月には新作も撮影されるそうです。
この機会にぜひとも吉田浩太ワールドに参加されることをお勧めします。

(ワークショップ主宰 松枝佳紀(アロッタファジャイナ))

監督プロフィール

吉田浩太監督 (Kouta Yoshida)
吉田浩太監督

1978年東京都生まれ。早稲田大学中退。ENBUゼミナールに入学し、篠原哲雄、豊島圭介に学ぶ。
フリーの助監督を経て、2004年、豊島圭介と清水崇(『呪怨』シリーズ、『輪廻』など)が所属する映像製作会社シャイカーに入社。入社後、助監督、AD、メイキング、編集などをやる傍ら、自主映画「象のなみだ」を監督。2006年、大阪映像文化振興事業「CO2」から制作支援された監督作品「お姉ちゃん、弟といく」を発表。主演の江口のりこがCO2フィルム・エキビジョン主演女優賞受賞したのをはじめ数々の映画祭で賞賛を浴びる。2008年1月、自身の劇場公開デビュー作品を準備中に、若年性脳梗塞を発症。手術・治療のため、休養生活に入る。手術が成功した後、リハビリに専念。復帰後、2010年5月、長編映画「ユリ子のアロマ」をユーロスペースにて劇場公開。俳優の生理を巧みにすくいあげながら、人間のもつひそやかなエモーション、エロスとバイオレンスを抒情的に表現し、どうしても惹かれあってしまうダメな男女の情動を、モラルとアンモラルの端境をたゆたう陽炎のような人間たちの人生模様を、ユーモラスに描くことで定評ある映像作家。最新作、「女の穴」が2014年6月に公開予定。

 

 

2010年 「ユリ子のアロマ」(江口のりこ、染谷将太)
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 正式招待作品
ドイツ・ニッポンコネクション 正式招待作品
トロント新世代映画祭 正式招待作品

2011年 青春Hセカンドシーズン「ソーローなんてくだらない」(芹澤興人、梅野渚)
   イギリス・レインダンス映画祭ベストインターナショナル部門コンペ作品選出

2012年 「オチキ」(ワークショップ参加の俳優で作成)

2013年 「うそつきパラドクス」(本山なみ、真山明大)

2014年 「女の穴」(市橋直歩、石川優実)

アロッタファジャイナ主宰「映画監督による俳優のためのワークショップ」これまでの実績

◆4人の映画監督による俳優のための実践的ワークショップ
1 、 2 、 3 、 4 、 5 、 6 、 7 、 8 、9・10
◆単独映画監督による俳優のための実践的ワークショップ
吉田恵輔監督荒戸源次郎監督1荒戸源次郎監督2荒戸源次郎監督3吉田恵輔監督2

ワークショップ概要

【日程】 2014年5月3日(土)~6日(火・祝) 計4日間

【クラス】
昼クラス 13:30-16:30
夜クラス 18:00-21:00

【募集対象】 
吉田浩太監督の映像作品に出演したいと思っている方。 
年齢・経験・事務所への所属・無所属は問いません。

【募集人数】 昼、夜、各クラス25名程度

【募集期間】 定員に達し次第募集を打ち切ります。

【会場】  都内


お申し込み方法・ご参加の流れ

【1】まずはメールにてエントリーして下さい。
ワークショップ事務局workshop.for.actor@gmail.comまで次の内容をお書きの上メールください。
(1)参加希望者名(ふりがな)(芸名でも本名でもかまいません) 
(2)生年月日
(3)性別
(4)連絡先電話番号
(5)所属事務所・劇団名 (担当者名、連絡先)
(6)特技・資格
(7)出演した代表作(3つまで)
(8)参加希望クラス(1.昼クラス希望、2.夜クラス希望、3.参加できればどちらでもよい)

以上のことをメール本文にお書きの上、本人と分かる写真を1枚添付
メールのタイトルを「WS参加希望」として、ワークショップ事務局までメールをください。

【2】事務局からエントリー受領確認およびご入金案内メールをお送りします。

【3】ご入金をいただいた方から 「正式エントリー」といたします。

【4】ワークショップ内容に合わせて必要であれば事前にテキストなどをメールいたします。

お問合せ

アロッタファジャイナ
E-mail workshop.for.actor@gmail.com