奥田庸介監督による俳優のための実践的ワークショップ


アクターズ・ヴィジョン代表のマツガエです。知っている人は知っていると思うのですが、わたくしマツガエの師匠は伝説的なプロデューサーであり映画監督でもあった荒戸源次郎なんですが、昨年、急逝しました。他に代わる人のいない偉大な人でした。彼が偉大なところはいろいろあるのですが、僕が思うに一番すごいところは、常識や通念にとらわれず能力のある人を見抜き採用し適材適所の配置をしたところだと思っています。その結果、荒戸さんがいなかったら映画を作っていなかったであろうプロデューサー、荒戸さんがいなかったら映画を撮っていなかったであろう監督、荒戸さんがいなかったら活躍していなかっただろう俳優が多数育ちました(http://alotf.com/ws/ws20/)。荒戸源次郎の「人を育てる」という映画界における貢献は多大なものであったと僕は思っています。僕自身、アクターズ・ヴィジョンのようなワークショップをやっているのは、同じ思いというか、これから映画界で活躍する俳優を発掘したい、育てたい、という荒戸さんと同じ思いです。そして「俳優が世に出ていくとき」に大事なのは、大作のちょい役をやることではなく、小さな作品だとしても志の高い作品の主役やそれに準ずるような重要な役をやることだと考えています。荒戸さんの育てた大西信満さんも、新井浩文さんもそうやって世に出ていきました。だから、これからの未来に凄い映画を撮るであろう若手の映画監督と組み、彼の作品に僕のワークショップに集まる俳優女優たちを使ってもらいたいとずっと考えていたそんなある日、マーティン・スコセッシの「沈黙~サイレンス」を見に行ったわけです。観たい観たいと思っていたのですが、タイミングを逃して公開から二週間、ようやくネットで予約して、見に行きました。自分の席に座ろうとすると、隣の席に知った顔。「あ、村岡さん」荒戸一派の兄弟子村岡伸一郎さんと偶然出会ったのです。会って話せと言わんばかりのタイミング。映画を見終わり飲みに行きました。僕の思いを村岡さんに話すと「適任がいる」と紹介してもらったのが今回のワークショップの講師、奥田庸介監督30歳でした。じつは奥田監督は4月15日に新作映画「ろくでなし」を公開予定で、そのプロデューサーを村岡さんがやっているのです。新作を公開する直前なのですが、もう監督は次回作へと向かう意欲にあふれていました。インタビューを読んでもらえればわかりますが、かなり熱い、映画らしい映画がこのワークショップから生まれることになるでしょう。インタビューを読んで、この監督と熱い映画を作ってみたいと思われた俳優女優の皆さんにはぜひとも参加してもらいたいです。(アクターズ・ヴィジョン代表:松枝佳紀)

奥田庸介監督インタビューこちらをクリックしてください。

講師プロフィール

奥田庸介(Okuda Yousuke)


奥田庸介監督
2008年、早稲田大学川口芸術学校卒業。卒業制作作品『青春墓場』が08年と09年にゆうばり国際ファンタスティック映画祭入選。10年に『青春墓場~明日と一緒に歩くのだ~』が同映画祭3度目のノミネートでグランプリを獲得。その他にもぴあフィルムフェスティバル入選、ロッテルダム国際映画祭やプチョン国際映画祭で上映される。11年には『東京プレイボーイクラブ』で商業映画監督デビュー。同作品は全国公開が決まり、釜山国際映画祭や東京フィルメックスで上映、ロッテルダム国際映画祭ではコンペティション部門であるタイガー・アワードに出品されるなど、24歳にして華々しいデビューを飾る。数年後、クラウドファンディングで資金を集め『クズとブスとゲス』を監督。同作では自ら主演も担い、強烈なインパクトのある演技力で大いに注目を集め、15年東京フィルメックスにて、異例の「監督・奥田庸介」本人にスペシャル・メンションが授与された。2017年4月15日から、新作「ろくでなし」が公開となる。

ワークショップ概要

【日程】
 2017年3月9日(木)~12日(日)、連続4日間
 
【クラス】
 ・昼クラス(13:00-16:00)
 ・夜クラス(18:00-21:00)
 
【場所】 都内

【応募条件】 奥田庸介監督の2017年秋ごろに撮る予定の映画のメイン出演者となりたいこと。性別年齢経験事務所への所属無所属は問いません。

【定員】 各クラス30名

【参加費用】 32,400円(税込み)

エントリー方法

【1】まずはメールにてエントリーして下さい。
 「奥田庸介監督による俳優のための実践的ワークショップ」
 参加希望の方は、メール本文に
(1)お名前(本名でも芸名でも構いません)
(2)ふりがな(お名前の読み方を平仮名でお書きください)
(3)性別
(4)生年月日(表記は1982/7/14のように年月日を/で区切り、西暦でお願いします)
(5)連絡先電話番号(すぐにつながる携帯番号をお願いします)
(6)所属事務所名、担当者名、担当者連絡先電話番号
(7)代表的な出演作品を5つ以内(無くてもかまいません)
(8)参加希望クラス((1)昼クラス、(2)夜クラス、(3)参加できるならどちらでもかまわない)
 をお書きのうえ、
 本人と分かる最近撮影の「写真」をjpgファイルで1枚添付し
 メールのタイトルを「奥田WS」として、ワークショップ事務局
  actorsvisionjapan@gmail.com
 までメールをお送りください。

【2】書類選考による合格者に入金の案内をいたします。(書類審査・入金案内)

【3】入金をしていただいた方から、正式エントリーとさせていただき、集合場所やテキストについての案内を送らせていただきます。(参加決定)

お問合せ

アクターズ・ヴィジョン
E-mail actorsvisionjapan@gmail.com