吉田恵輔監督による俳優のための実践的ワークショップ


みなさん、映画「ヒメアノ~ル」みましたでしょうか?
森田剛くんや、濱田岳くん、ムロツヨシさんが出ている映画です。
今年いくつか優れた邦画が公開されていますが、
「ヒメアノ~ル」はその中でも重要な一本に数えられることでしょう。

万が一、見逃した方がおられましたら
キネカ大森で8/13からまた再上映されていますので
ぜひぜひ見てください。

そして、9月のアクターズ・ヴィジョン。
ワークショップ講師は映画「ヒメアノ~ル」の監督、吉田恵輔さんにお願いしました。

これまでも吉田恵輔監督とはなんどかワークショップをやっていますが
吉田さんは、気に入った俳優を必ず使ってくれます。
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」でも、
「麦子さんと」でも
「銀の匙 Silver Spoon」でも
「ヒメアノ~ル」でも
過去うちのワークショップに参加した俳優たちが適材適所のステキな役をやらせてもらっていました。

その姿を見て、ワークショップの主宰としてうれしかったとともに、
ワークショップでの出会いがちゃんと未来を作ってることを実感できました。
「出会わなければ、この未来はなかった」と感じています。
出演を獲得した人たちもそう思っていることでしょう。

だから
「ヒメアノ~ル」をみて、
この監督に会わねばならないと思った方
ぜひ参加してください。
「出会わなければ、始まらない」のです。

ちなみに、吉田さんはご自分の「好き」を曲げない人です。
「好き」でないことをやるぐらいなら映画を撮らなくていいと思っている人です(たぶん)。
作品の題材の選び方や、キャスティング、撮り方、映画の方向性・・・
どんな大きな映画会社を相手にしても、自分の「好き」を曲げずに貫いている。
そのことが映画からわかります。
「好き」を曲げずに作っている姿が非常に爽快です。

自分の「好き」を曲げずに作っている。
作者の思いで一貫して作られている。
そんな映画が面白くないわけがないのです。
「なま夏」「机のなかみ」「さんかく」・・・
ぜひ吉田恵輔監督作品を制覇してみてください。
心奪われることは請け合いです。

吉田恵輔監督の映画を見て
僕は笑うし、恐怖や恋に胸を締め付けられたりする。
けれども、いつもいつも最後に到達するのは「切なさ」です。
どんなに頑張っても到達できないことある。
どんなに手を伸ばしても手に入れられないものがある。
なのに、人間はそこに手を伸ばしてしまう。
もしかしたら届くんじゃないかと勘違いをして。
その勘違いはだいぶ滑稽で笑えます。
けれども、その笑いは、冷たい笑いではなく、
ああ、俺もそうなんだよという同情の笑いとなり
そのうち、人間てそうなんだよね、
届かないってわかってるのに頑張ってしまうんだよねという
人間すべてへの愛おしさからくる「切なさ」に。
そして、いつか届けと祈る切ない願いに変わる。
吉田恵輔監督の作品はすべてそんな現代の祈りのように思えるのです。

(アクターズ・ヴィジョン代表:松枝佳紀)

吉田恵輔監督のインタビューをしてきました。→ http://alotf.com/ws/vision004_1/

「ヒメアノ~ル」予告編

講師プロフィール

吉田恵輔監督(Yoshida Keisuke)
吉田恵輔監督
1975年生まれ。埼玉県出身。東京ビジュアルアーツ卒業。
在学中から自主映画を制作、塚本晋也の作品制作に参加。照明を担当する。
人間の根源的な欲望から目をそらさずに描き切る作風には定評がある。

<<吉田恵輔監督のこれまでの作品>>

2006年「なま夏」(主演:蒼井そら)
・・・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭においてファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門グランプリ獲得
2006年「机のなかみ」(出演:あべこうじ、鈴木美生)
2008年「純喫茶磯辺」(出演:宮迫博之、仲里依紗、麻生久美子)
2010年「さんかく」(出演:高岡蒼甫, 小野恵令奈, 田畑智子)
2010年「檸檬」(出演:佐藤隆太)
2013年「ばしゃ馬さんとビッグマウス」(出演:麻生久美子、安田章大)
2013年「麦子さんと」(出演:堀北真希、松田龍平)
2014年「銀の匙 Silver Spoon」(出演:中島健人、広瀬アリス)
2016年「ヒメアノ~ル」(出演:森田剛、濱田岳、佐津川愛美)

ワークショップ概要

【日程】 2016年9月22日(木)~25日(日)
 
【クラス】 昼クラス13:00-16:00、 夜クラス18:00-21:00
 
【場所】 都内
 
【参加条件】
・9月22日からの4日間通して同じクラスを受講できる者
・応募者全員が参加できるわけではありません。書類選考します。
・未成年者は保護者の参加承認を得てください。

【締め切り】 各クラス30名程度(定員となり次第締め切ります)
 

【参加費用】 32,400円(税込み) 

エントリー方法

【1】まずはメールにてエントリーして下さい。
 2016年9月22日からの4日間行われる
 「吉田恵輔監督による俳優のための実践的ワークショップ」
 参加希望の方は、メール本文に
(1)お名前(本名でも芸名でも構いません)
(2)ふりがな(お名前の読み方を平仮名でお書きください)
(3)性別
(4)生年月日(表記は1982/7/14のように年月日を/で区切り、西暦でお願いします)
(5)連絡先電話番号(すぐにつながる携帯番号をお願いします)
(6)所属事務所名、担当者名、担当者連絡先電話番号
(7)代表的な出演作品を5つ以内(無くてもかまいません)
(8)自己紹介
(9)参加希望クラス((1)昼クラス、(2)夜クラス、(3)参加できればどちらでもよい)
 をお書きのうえ、
 本人と分かる最近撮影の写真jpgファイルで1枚添付し
 メールのタイトルを「吉田恵WS」として、ワークショップ事務局
  actorsvisionjapan@gmail.com
 までメールをお送りください。

【2】ワークショップ事務局から参加希望受理した旨、メールをお送りします。(受理)

【3】書類選考による合否および入金の案内をお知らせします。(書類審査)

【4】入金をしていただいた方から、正式エントリーとさせていただき、集合場所やテキストについての案内を送らせていただきます。(参加決定)

お問合せ

アクターズ・ヴィジョン
E-mail actorsvisionjapan@gmail.com