アロッタファジャイナ 公式ウェブサイト

ストーリー

それは芸術なのか、それとも欲望なのか

安部公房という
実在の小説家の生涯をモチーフに
織り上げられた虚実ないまぜの人間ドラマ。

三島由紀夫と並び、もっともノーベル賞に近かったと言われる小説家・安部公房。
映画、TV、ラジオ、音楽、写真など様々なメディアにおいて日本人離れした自由な発想で、
冒険を行なった彼が最後にたどり着いたのは演劇というアナログなメディア。
世界の新しい劇作家たち、ハロルド・ピンター、ベケット、イヨネスコらが行う
表現の革命からの強い影響を受けつつ、全く独自の方法で乗り越えようと始まった安部公房の冒険。
それは、俳優志望の女生徒と関係を持つという隠された冒険とともにはじまった。
果たして、それは芸術なのか、それとも欲望なのか。
演出は、日本の映画製作興行システムに異を唱え、
数々の奇跡を起こし続けてきた名プロデューサーにして映画監督の荒戸源次郎。
出演は、映画にTVと大活躍中の佐野史郎。脚本を気に入り無理をおしての出演となった。
また荒戸と佐野は、ともに唐十郎率いる状況劇場出身。
当時の空気を知っているふたりが如何に「あの時代」を表現するのかにも期待がもたれる。

出演

  • 佐野史郎
  • 縄田智子
  • 辻しのぶ
  • 内田明

スタッフ

演出:荒戸源次郎
企画・脚本:松枝佳紀
美術:坂本遼
衣裳:伊藤摩美
音響:筧良太
照明:柳田充 (Lighting Terrace LEPUS)
ヘアメイク:清水美穂 (THE FACE MAKE OFFICE)
舞台監督:本郷剛史/青木規雄
宣伝写真:所幸則
宣伝美術:ナカヤマミチコ/トリプル・オー
制作助手:平岩信子
制作:山川ひろみ

今回お休み:ナカヤマミチコ

チケット

前売発売 7月18日(金)

【チケット料金】 S席=6,000円 A席=5,000円 (全席指定・税込)

【チケット取扱】
アロッタファジャイナ Corichチケットフォーム

携帯からの予約はこちらをクリック!

[PR] スタジオ 大人おしゃれ クレジットカード比較 出勤簿

Confetti(カンフェティ) 0120-240-540

チケットぴあ 0570-02-9999

イープラス

【 お問合せ 】
アロッタファジャイナ制作
090(8034)4789(平日10:00~18:00)
MAIL : alotf@enmel.com 安部工房の冒険 タイムテーブル 新国立劇場マップ