7/16出演者オーディション開催

概要
企画公演「日本の問題」は、 8つの小劇場劇団が、それぞれの思う今現在の「日本の問題」を、
それぞれの演劇手法で芝居にするという珍しい形の社会派演劇のオムニバス公演となります。
それぞれの劇団が何をやり、今回のオーディションでどのような役者を求めているかについては、
この下に各団体の募集要項がありますので、よくよく熟読のうえ、ご応募ください。

出演者オーディションは7/4をもって締切りいたしました。
たくさんのご応募誠にありがとうございました。
募集は締め切りましたが、各劇団の募集要項は本公演のとても良いガイダンスとなっていますので、ご興味のある方はご一読ください。

参加各団体の演目内容と募集人材
アロッタファジャイナ
世界を変えることのできる「芝居を越えた芝居」を作ることを一緒にやってくれる人を求めます。 詳細はこちら >>
経済とH
出会った俳優とWSを積み重ね、教育と知性の問題を通奏低音に芝居を作ります。 詳細はこちら >>
JACROW
「自殺」を題材にした作品。真面目に真摯に「生きる」ことに向き合う大人の人を募集。 詳細はこちら >>
DULL-COLORED POP
選挙制度について、俳優の身体性に頼った作品作りします。作品自体に奉仕できる人募集です。勝ちます。 詳細はこちら >>
風琴工房
知性・感性・体力・愛情ぜんぶ要ります。欠けてるひとを俳優と呼びません。性格は悪くていいです。  詳細はこちら >>
Mrs.fictions
テーマは『日本の宗教』です。当方無宗教。信仰の有無は問いませんが柔軟な考えの方が望ましいです。  詳細はこちら >>
ミナモザ
今、目の前にある「東日本大震災と福島第一原発の事故」をドキュメンタリー演劇の手法でやる。未経験可!  詳細はこちら >>
ろりえ
切実で笑えるやつ。  詳細はこちら >>